愛犬が納豆を食べてもいい!獣医師が与えるべき量や注意点を解説

日本の品質とサービスを世界に (11).png__PID:bbd7fac2-4641-4c13-a03a-4c8abf9a6ebb

獣医師が納豆を与えるべき量や注意点を解説

発酵食品がからだに良いことは、みなさまご存じのとおりです。
その一つとしての『納豆』は、栄養が豊富であり、安価で手軽に取り入れやすい食材です。

ただ、こんな不安や疑問な点もあると思います。

『納豆を愛犬にあげてもいいのか?』
『どれくらいの量をあげていいのか?』

この記事では、納豆について、
与えてもよい食品なのか?与えていい量や注意点などについて解説しています。

「愛犬に納豆をあげてみたいな!」という飼い主さんは、ぜひ参考になさってください。

記事監修者    釼持獣医師コメント⇩⇩

愛犬に納豆を食べさせてもいい?毎日でもOK?

結論からお伝えすると、納豆を愛犬に与えても問題ありません。

むしろ、健康に配慮したい場合には積極的に食生活に加えたい食品です。

納豆に含まれる主な栄養素には、

  • タンパク質
  • 脂質
  • カルシウム
  • 食物繊維
  • イソフラボン
  • ビタミンK2
  • ナットウキナーゼ

などがあります。

良質なタンパク質源となる納豆は、皮膚や被毛、血管や筋肉などの多くの器官の構成をするため、そして健康な状態を維持するために欠かせません

そして、重要なエネルギー源ともなります
カルシウムや鉄、ビタミンK2(血液中のカルシウム濃度を高める)多く含むことから、成長期や妊娠・授乳期の愛犬にも与えたい食品ですね。

また、ナットウキナーゼにより、血流や血圧の改善が見込まれる可能性もあります。
納豆は、人と同じよう、毎日摂取しても問題はありません。 実際、納豆が好きなワンちゃんは多く、毎日あげている飼い主さんも多くいらっしゃいます。

あげ方としては、焼いたりゆでたりせず、そのままあげて大丈夫です

ただ、後ほどお伝えしますが、与える際にはいくつかの注意点もあります。

愛犬にあげる納豆の量はどのくらい?

愛犬に与える納豆の量に決まりはありませんが、通常はいつもの食事にトッピングする程度に用いるようにしましょう。

小型犬であればスプーン1杯程度中型犬~大型犬であれば、半パックから1個程度を食事に加えてあげるといいですね。

もちろん個体差がありますので、『納豆でおなかいっぱい!』とならないよう、愛犬の食いつきなどを見ながら量を調整してあげてくださいね。

ひきわり?粒?どんな納豆がいいのか

与える納豆の種類は何でも構いません。

ただ、小型犬の場合には、口が小さいことや一度に食べられる量が少ないために、ひきわり納豆、もしくは刻んであげる方がいいですね。

粘つきが少ないタイプの納豆であれば、愛犬も食べやすい傾向にあります。 (混ぜて食べても、そのまま食べても、栄養価に変わりはありません。)

愛犬に納豆をあげる際の注意点

愛犬に納豆をあげる際には、以下の点に気を付けてあげましょう。
子犬やシニア犬は特に気を付けて!

子犬やシニア犬においては、一度に食べられる量が少ないために、納豆でおなかが満腹となってしまう可能性があります。

また、消化機能が未成熟・少し落ちている可能性もあり、思わぬトラブルを生じる可能性も… そのため、納豆をあげる場合には、少量にとどめておいたほうが安心ですね。

合わない場合には、使用を中止

どの食品に対してもそうですが、納豆がからだに合わない子もいます。
その場合には、下痢や嘔吐など体調を崩してしまうこともあります。

納豆に対してアレルギー反応を示すこともあり、かゆみや発疹などを引き起こすこともあります。

納豆を食べてからいつもは見られない症状があった場合には、使用を中止し、動物病院に確認をするようにしましょう。

はじめは少量から与えること、与えすぎない

はじめての食品を与える際には、少量から与えるようにしましょう。
また、なにかトラブルがあった際に受診ができるよう、なるべく午前中の摂取をおすすめします。

いつもと違ったような症状が出た場合には使用を中止し、獣医師に確認するようにしましょう。 そして、与えすぎにも注意しましょう。 栄養はいろいろな食材からまんべんなく摂取することが大切です。

「納豆のみで栄養を完璧にしよう!」とは思わず、適量をあげるようにしましょうね!

タレやからしは使用しない

当然のことかもしれませんが、タレやからしなど、付属の調味料は使用せず、納豆そのままで与えるようにしましょう。

「そのままだと味がしなくて、おいしくないかな?」と思われる飼い主さんもいらっしゃいますが、犬は舌で味を感じ取っているわけではありません(犬は嗅覚で食事の良し悪しを判断しています)。

そのため、おしょうゆなどは加えなくて大丈夫ですよ。

持病がある場合には、獣医師に相談

なにかしらの病気で治療中の場合には、療法食を食べていることが多いかもしれません。

この療法食は、単独で食べることで効果を発揮する食事です。

そのため、他の食材をトッピングすることで、効果が落ちてしまう可能性もあります。

また、納豆はタンパク質が豊富な食材であるため、腎臓病の子でタンパク制限がある場合には、与えてはいけない食材となっています。

何かしらの病気で治療中の場合には、主治医の先生に確認をしてから与えるようにしましょう。

次回は納豆を使ったおすすめレシピを紹介!